断罪の火に、悪役令嬢は目覚める (外部サイトで読む

永野水貴

――なぜ私なの?
元男爵令嬢キャスリンは、火あぶりの刑に処されようとしていた。
罪状は“魔女”。ひたすら善き人間であろうと努力したが、“聖女”にすらずっと疎んじられ、ついに処刑台に立たされている。
キャスリンは助けを求め――一方、唯一優しくしてくれた伯爵家の青年ラッセルが駆けつけようとしていた。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    元男爵令嬢キャスリン
    火あぶり
    処刑台
    悪役令嬢
    青年ラッセル
    罪状
    聖女
    断罪
    伯爵家
    魔女
    唯一
    助け
    人間

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち