侍女はオネエの皮を被った××を知る。 (外部サイトで読む

小蔦あおい

伯爵令嬢のセレスティナは周りから男性恐怖症と勘違いされ、克服のために王宮で奉公させられることになる。
仕える相手はなんと男色という噂で有名な王弟殿下のカナルジーク。侍女として穏やかな日々を過ごすティナだったが、ひょんなことから本当の秘密をカナルに打ち明けてしまう。
軽蔑されると覚悟していたのに、それどころかカナルの本性を知ってしまって――。
互いに秘密を抱える二人の恋の物語。

※ヒーローは訳あって女性的な口調ですがBL要素はありません。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    セレスティナ
    カナル
    侍女
    カナルジーク
    伯爵令嬢
    オネエ
    男色
    王宮
    王弟殿下
    ヒーロー
    男性恐怖症
    本性
    口調
    BL要素
    克服
    物語
    周り
    相手
    二人
    日々

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち