異世界に飛ばされたら守護霊として八百万の神々も何故か付いてきた。 (外部サイトで読む

いけお

仕事からの帰宅途中に突如足元に出来た穴に落ちて目が覚めるとそこは異世界でした。

元の世界に戻れないと言うので諦めて細々と身の丈に合った生活をして過ごそうと思っていたのに心配性な方々が守護霊として付いてきた所為で静かな暮らしになりそうもありません。

登場してくる神の性格などでツッコミや苦情等出るかと思いますが、こんな神様達が居たっていいじゃないかと大目に見てください。

追記 小説家になろう アルファポリス でも投稿しております。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    アルファポリス
    守護霊
    異世界
    身の丈
    心配性
    小説家
    ツッコミ
    大目
    所為
    神々
    苦情
    暮らし
    追記
    足元
    帰宅途中
    神様達
    性格
    方々
    生活

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち