Døde;異世界ギルドの棺運び (外部サイトで読む

奥手章擧

 ひょんなことから異世界に転移し、冒険者として食い扶持をちょこちょこ稼ぎつつも日がな一日ダラダラ過ごす自堕落な人間、四十九柩(シジューク ヒツギ)。
 彼の住むトンブストンの街には『棺運び』の名で知られるSランク冒険者、キルステンが夜にアンデッドを狩っていた。だが、彼が人間に怪我を負わせたという噂と共に、徐々にヒツギは事件の渦へと巻き込まれていく。

⊕∅⊗

 これは異世界に転移した少年が、与えられた能力を駆使して自由に、マイペースに、酷く自分勝手に生きていく物語。





※不定期更新
※ノリと勢い任せで書いているので話の方向性が迷子どころか遭難レベルです。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    シジューク ヒツギ
    異世界
    キルステン
    日がな一日
    食い扶持
    異世界ギルド
    トンブストン
    Sランク冒険者
    アンデッド
    マイペース
    方向性
    遭難
    四十九柩
    不定期更新
    勢い任せ
    人間
    迷子
    ノリ

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち