緋色の記憶、見上げた空は青 (外部サイトで読む

椎葉弓弦

両親を知ることなく祖母に育てられた美羽。
若手フリーフォトグラファーとして注目を浴びる唯衣。
美羽と唯衣が出会って、忘れられていた事件が動き出した。



あの日の自分をずっと責めていた唯衣は、もう逃げない覚悟を決める。

自分が美羽を守る。

何があっても。

何に変えても。


二人の出会いは必然だったのか……?

止まっていた時計が動き出した。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    唯衣
    美羽
    若手フリーフォトグラファー
    緋色
    必然
    祖母
    出会い
    覚悟
    両親
    時計
    事件
    注目
    自分
    記憶
    二人

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち