彼女が自殺に至った理由(わけ)とこれからの僕ができる事。 (外部サイトで読む

冬夕

 ――高校の屋上から生徒が飛び降りた。

 センセーショナルな内容を持ったその事件は、SNSを通じて爆発的に全国各地へ知れ渡ったが、一年も経過すれば事件を語る人間も殆ど居なくなっていた。
 
 事件から半年後……事件において唯一の目撃者であった宮崎ハジメの家に、これまで面識のなかった一人の少女が居候という形で転がり込む。

 彼女の名前は沢田マリ。ハジメの通う高校の一年生で、彼にとっては後輩にあたる存在。

 次第に彼女に惹かれていくハジメであったが……知ってしまった、彼女の秘密。

 季節は冬。ハジメの停滞していた時間が今、動き出す。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    ハジメ
    事件
    宮崎ハジメ
    彼女
    沢田マリ
    目撃者
    居候
    一年生
    面識
    高校
    全国各地
    屋上
    自殺
    殆ど
    後輩
    少女
    唯一
    生徒
    半年後
    SNS

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち