潜在魔力0だと思っていたら、実は10000だったみたいです

どらねこ

レウス・アルガルフォンの【潜在魔力】は0000であり、魔法の素養と呼ぶべきものは皆無だった。
魔法の才能がないとわかっても一流の冒険者になる夢を諦めず、毎日努力する日々。
そんなレウスは、ある日ひょんなことからファイアーボールの魔道書を手に入れる。
ヤケクソでファイアーボールを唱えてみると、明らかに異常な威力のファイアーボールが発射される。

「……え。なに、今の……?」

驚く彼のステータスには<ファイアーボールLV10>の文字が。
そして彼は気づく。【潜在魔力】は実は0なのではなく、10000だったということを――

小説を読む(外部サイト)
ツギクルくん

この作品を評価した読者がいますよ。
ファンが付いているのかもしれませんね。

クルミちゃん

どんな評価になっているのかな?

評価と感想

作品を評価する


  • 星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

  • 感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

1件

  • user
  • ビーチャム
  • 素直に面白い!それでいて魔法スクロールの件や素材運び用のリヤカーの事がリアルっぽくて良い感じです。
  • 2018年11月04日 08:47

1件

通報をする

読者への感謝の気持ち