僕たちは陽氷を染める

渚乃雫

「なあ、一ヶ月だけ、アルバイト、しない?」

後ろの席の少年は、ある日、突然、彼にそう声をかけた。

つまらない毎日。
変わらない毎日。
それが、少しずつ、変わっていく。

色味が無いと、思っていた彼の日々が、
少しずつ、少しずつ、色を帯びていく。


陽氷。
またの名を6月。


この30日間を、
鮮やかな彩りへ。


彼らは、染めていく。

限られたその時間で。



(エブリスタで掲載中です)

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    エブリスタ
    またの名
    陽氷
    アルバイト
    つまらない毎日
    色味
    彩り
    少年
    彼ら
    掲載中
    僕たち
    日々
    時間
    一ヶ月
    30日間
    6月

    Web Services by Yahoo! JAPAN

目次

6月

6月1日
更新日:2018年10月02日
6月2日
更新日:2018年10月02日
6月3日
更新日:2018年10月04日
ツギクルくん

ここは小説ページのトップです。
あらすじや各話にここからアクセス出来ますよ。

クルミちゃん

どんな小説なんだろう?

評価と感想

作品を評価する


  • 星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

  • 感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち