盤上の王戦~守りたい者達の為に俺は真の王になる (外部サイトで読む

柊咲

神は7人の王候補と、それぞれの王候補に仕える7人の駒を選定した。
王候補は互いに争い、最後の一人となった王をこの世界の真の王とする、というのがこの世界の神話だ。
そして戦争の被害にあって小さな村に逃げてきたエドはある日、王候補に宿ると言われる《キング》の駒を右手に宿した。
だが彼は、王候補になる事を拒んだ。王候補となれば病弱な妹を一人で村に置いていくことになる。それは無理だと思い、エドは王候補の証を宿したまま村に留まり続けた。
──細々と平穏に妹と暮らしたい。
そんなエドの囁かな願いを世界は聞き入れなかった。
ある出来事によって王候補となる契約をしてしまった彼は、その時に《大切な者達を守りたい》と願った。
エドに与えられた力は、エドに向けられた駒達の《好感度》を上げれば、それぞれの駒の能力を強化でき、その能力を自分も使用できるという力。
その力を使って、エドは共に歩んでくれる《クイーン》《ビショップ》《ナイト》《ルーク》の駒を持つ《七人の戦駒》の彼女らと共に、この王を決める争い──盤上の王戦へと足を踏み入れるのだった。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    エド
    王候補
    盤上
    ビショップ
    それぞれ
    ルーク
    好感度
    クイーン
    能力
    王戦
    世界
    者達
    キング
    一人
    神話
    ナイト
    争い

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち