最強魔族の俺、元配下がいつの間にか魔王を名乗ってるのを知る。~勇者育てて、こらしめに行きます~ (外部サイトで読む

あざね

 ゲイナー・フレミア・ロードメルドは最強の魔族である。
 しかし彼は世界を滅ぼしたり、支配したりする気などまるでなかった。

「なに!? 元配下のアナスティアが『魔王』を名乗っているだと!?」

 そんな彼のもとに、ある日一つの知らせが入る。
 それはゲイナーの元配下であるアナスティアが、魔族の王を名乗り、人間側に宣戦布告をしたというモノであった。ゲイナーは、それでは世界のバランスが崩壊するとし、策を講じる。

 あまりに力が強大過ぎる彼は、行動を起こせばそれだけで世界のバランスを乱してしまう。ならば、どうするか。ゲイナーは自らの【分身】を生み出し、その者に旅をさせることにするのであった。

 そして、彼にはもう一つの目的があった。
 それは勇者を見つけ出し、それを育て上げること。何故なら、世界の構造の中で起こった問題は、その世界の構造の中で解決しなければならない。そうしなければ、またバランスが乱れてしまう。

 かくして、ゲイナーは一人の少女を燃え盛る村から救い出す。
 少女の名は――ミナ。彼女は、未熟ながら勇者の力をその身に秘めていた。そして、ゲイナーに命を救われた少女は彼のことを師匠として慕い、共に旅をすることになるのであった。


 これは最強の魔族による勇者育成の記録。
 そして、世界の命運を巡る、冒険物語である……

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    ゲイナー
    アナスティア
    魔族
    勇者
    元配下
    こらしめ
    バランス
    ゲイナー・フレミア・ロードメルド
    魔王
    少女
    宣戦布告
    世界
    最強魔族
    構造
    勇者育成
    命運
    分身
    知らせ
    ミナ

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち