幻想世界の精霊魔術師 ~世界の魔力が尽きたが、精霊と契約した俺だけが最強の魔術を使える~ (外部サイトで読む

輪島廻

不遇な人生を送ってきたおっさんがいた。

貧しい家の末っ子に生まれた幼少期。家を出て、一〇歳で授かるスキルに希望を見るも、一瞬で打ち砕かれた少年期。乞食をして食い繋いだ青年期。冒険者として必死に生き抜いた壮年期……。

そんな彼は、勇者パーティのストレス発散の為に、異世界に転移させられてしまう。
絶望の底。そこが、彼の逆転の始まりとなった。
精霊が司る異世界で一人の精霊と契約した彼は、スキルを授かる前の、過去へとタイムリープする。
スキルは一番の外れと言われる『SSS級魔術』から、聞いたこともない『精霊魔術』へと進化していた。

時は過ぎて一五歳になった。
『精霊魔術』の強さを知った彼は名門の学園への入学を果たし、少女達の悩みを解決しながら学園生活を満喫する!

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    精霊魔術
    異世界
    スキル
    壮年期
    少年期
    精霊魔術師
    青年期
    学園
    冒険者
    勇者パーティ
    SSS級魔術
    幼少期
    ストレス発散
    末っ子
    乞食
    おっさん
    魔力
    名門
    幻想世界

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち

「小説家になろう」に連載中の作品です。