異世界サポート課〜勇者から庶民、果ては魔王まで、皆様いつでもお電話ください! (外部サイトで読む

火跡夜隊

 高橋颯弥、30歳。
 コールセンターの管理者をしてきた。
 しかし、疲労などなど色々重なり、脱水症状で死んでしまう。

 そして、気がつくと——そこは天界だった。
 本来異世界にいけたかも知れないのに、とある女神のせいで天界に来てしまった颯弥。
 そこでは次の転生まで、仕事をしなければいけないらしい。

 そして自分が配属されたのは……「異世界サポート課」。

「またコールセンターかよ! しかもオープニング!」
「まあまあ、良いじゃないですか。適当に楽しみましょうよ」
「大体お前の責任だろ。というか研修始めろよ」

 自分が異世界で生活は出来ないけれど、遠い天界から異世界に飛ばされた皆様をサポートさせていただきます!
 いつでもどこでも、ご相談ください!

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    コールセンター
    異世界サポート課
    天界
    異世界サポート課〜勇者
    本来異世界
    オープニング
    遠い天界
    高橋颯
    脱水症状
    颯弥
    転生
    うよ
    魔王
    果て
    庶民
    管理者
    女神
    疲労
    研修
    責任

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち