ゲームがリアルになった世界で最高実力者だった俺はチートを使って生き残る更新しました! (外部サイトで読む

アニマ

ここは、誰もがVRMMORPGをプレイしている世界。

五歳の時に、神谷戦斗は世界大会で優勝する。
しかし、優勝したことがきっかけで、”セント”というアカウントを捨て、VRMMORPGの表舞台から姿を消してしまう。

十一年の月日が流れ、高校一年となった彼は、裏垢を使い唯一のリア友である、大泉遊太とチートやバグを使い遊んでいた。

ところで、政府はゲームの世界を現実世界にしようと実験を繰り返していた。
ついに、3D映像に質量を持たせることに成功する。
しかし、機械は暴走してしまい、ゲームにログインしていた全人類がVRゴーグルをつけなくてもゲームのキャラが見えるようになってしまう。
それだけならよかったのだが、モンスターに襲われると本当に傷がついてしまうようになっていた。
そう、この世界はデスゲームと化していた。

いつものように、戦斗は遊太の家にいくと傷だらけの遊太を見つける。

遊太からチート能力とこの世界を託された戦斗はもう一度”セント”でログインをする。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    VRMMORPG
    セント
    遊太からチート能力
    3D映像
    ゲーム
    VRゴーグル
    世界
    表舞台
    モンスター
    アカウント
    最高実力者
    神谷戦斗
    大泉遊太
    ログイン
    質量
    バグ
    傷だらけ
    きっかけ
    デスゲーム
    月日

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち