最強の建築士~本当は勇者になりたかった~ (外部サイトで読む

リューク

職業神託時代に、あらがう一人の少年がいた。
勇者を目指す彼は、謎の職業「建築士」として生きていく。
これは、少年が気合(物理)と努力(物理)と建築で突き進む物語である。

「ちょっと! 少しは頭使いなさいよ!」
「うるせぇ! 細かいことは押し通すまで!」


※更新は現在のところ不定期です。
※第三回書き出し祭りに出していた作品です。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    建築士
    勇者
    物理
    職業神託時代
    少年
    第三回書き出し祭り
    ところ不定期
    気合
    最強
    細かいこと
    努力
    作品
    一人
    ちょっと
    少し
    更新

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち

なろうの非公式イベント「書き出し祭り」第三回に出品した作品です。