異世界で植物園を始めたら楽園が出来ました~転生して楽園を!~ (外部サイトで読む

時雲

【エピローグ】
山奥で孤児《子供》達と暮らしながら、植物園を経営していた100歳のお婆ちゃん。

100歳の誕生日のお祝いで息子や娘たちと久しぶりに再会し、盛大にお祝いをしてもらう。その夜、聖霊と初めて出会い、長生きはしてみるもんだと思いながら穏やかな眠りにつく。

その日の夢の中で白い部屋での不思議な夢を見る。

次の日巨木《世界樹》の根本で目が覚め、辺りを見渡すと、そこは異世界だった。

100歳の身体の為、ロクに歩き回る事が出来ないが、周囲の植物は見た事の無い物ばかり。かつて、”植物狂い”と言われた頃のように憑りつかれたかのように、興味を惹かれるままに歩き回る・・・新しい出会いに感謝して。

その日は見た事の無い植物に惹かれるままに歩き回り、その疲れの為巨木の元で寝る。もう後悔はない、と。

動く力も尽きて、横になっていると、この異世界に来るきっかけとなった聖霊マナに再会する。マナと話していると、不思議な声と共に、神々しい気配と共に聖霊が現れる。その聖霊は、聖霊女王《エレメンタルクイーン》と呼ばれる存在だった。

女王から「助けて下さい」と乞われ、新しい世界での新たな冒険が始まった。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    聖霊
    異世界
    植物園
    エレメンタルクイーン
    エピローグ
    楽園
    お婆ちゃん
    神々しい気配
    お祝い
    聖霊マナ
    世界樹
    聖霊女王
    孤児
    植物狂い
    長生き
    山奥
    きっかけ
    新しい出会い
    根本
    日巨木

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち