罪人達最期のデスゲーム〜謀略の狂人〜

陽南

30××年、日本にて「断罪の塔」に8人の罪人が集められた。そして、集められた8人に告げられたのは「最後の1人まで残ることが出来たのなら、その人物は赦罪する。残れなかった者は――その命を持って罪を償い断罪される」というものだった。
8人の罪人はそれぞれの思惑を持って動き出す。獄道 奏(たけみち そう)もその1人であった。混沌と自身の欲望の為に――


「――ゲームを開始します」

小説を読む(外部サイト)
ツギクルくん

ここは小説ページのトップです。もう読んでみましたか?

クルミちゃん

え、まだ読んでいません?!

評価と感想

作品を評価する


  • 星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

  • 感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち