戦國高校生〜ある日突然高校生が飛ばされたのは、戦乱の世でした。~ (外部サイトで読む

こまめ

〜僕らの日常は、ある日突然崩壊する。〜

Q「ある日突然高校生と教師数名が戦国時代に飛ばされたとする。このとき、彼らが生きて元の時代へ戻る為の最適策を導け。ただし、戦の度に1人は必ず死ぬものとする。」

どこにでもいるごく普通の高校生、清重達志たち北大宮高校2年3組と教師数名は、脳内に時代劇の様な映像が流れる現象に悩まされていた。そんなある冬の日の放課後、彼らは突然、クラスごと戦国時代にタイムスリップしてしまった!

乱世に飛ばされた生徒達は明日の見えない状況で足掻きながらも、帰る方法を模索しながら、命がけの日々を生きてゆく。その中で達志は、乱世を見る目を持つ信長、頭の切れる秀吉を始めとする多くの人物と出会い、別れを繰り返す。

数々の死線を乗り越え、己の弱さを知り、涙の日々を越えた彼は、いつしか乱世の立役者として、時代を大きく動かす存在となってゆくー

君たちがこれから見るものは、壮大な戦国絵巻
これはそんな乱世を駆ける
ある高校生たちの物語。



※今作は歴史が苦手な方にも、お楽しみいただけるように書かせてもらっております。キャラに多少チートあり。只今第2章開幕中

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    乱世
    最適策
    教師数名
    清重達志たち北大宮高校2年
    戦國高校生〜ある日突然高校生
    立役者
    死線
    戦国絵巻
    クラスごと戦国時代
    多少チート
    命がけ
    戦乱
    彼ら
    時代劇
    秀吉
    放課後
    信長
    今作
    日々
    お楽しみ

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち