ダンジョン最下層でパーティに見捨てられた精霊術師の少年、闇精霊に気に入られ最強の精霊使いになる。 (外部サイトで読む

お茶っ葉

ダンジョンの最下層でパーティに見捨てられた見習い冒険者ニノ・アーティスは命からがら魔大陸に辿り着く。
そこで出会った囚われの闇精霊フィアーを助ける事で彼女に気に入られ契約する事になった。
その結果、精霊の力の一部を扱う精霊術師から更に上位の精霊使いにクラスアップ。
彼の人生は大きな転機を迎える。

「ねぇ私と堕ちるところまで堕ちない?」
「嫌だよ、僕、大地の精霊様一筋だし」
「何でよ!?」

フィアーの誘惑を躱しながら冒険者として成長していくニノ。
その彼の周りには別の精霊たちも集まっていく事になり……。

これは本人の意思とは無関係に力を得ていく少年の物語。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    精霊
    精霊術師
    ダンジョン最下層
    精霊使い
    見習い冒険者ニノ・アーティス
    パーティ
    闇精霊フィアー
    囚われ
    少年
    転機
    魔大陸
    精霊たち
    精霊様
    クラスアップ
    誘惑
    大地
    意思
    上位
    最強
    物語

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち