僕の実家では第一次世界大戦が終わる頃まで狐が人を化かしていた (外部サイトで読む

兵藤晴佳

僕の実家では、第一次世界大戦が終わる頃まで、狐が人を化かしていた。
そんな田舎暮らしがイヤで、下宿してまで都会の高校を選んだけど、そこで待っていたのはバイト生活。
軍から奨学金借りて、大学出たらお礼奉公に入隊するか……。
そんなことを考えていた矢先に、僕には好きな人ができた。
何処か陰のある、才色兼備の彼女と放課後で図書館を過ごすことになったけど、僕には秘密があった。
いつも僕につきまとう、セーラー服姿の不思議な「妹」……。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    矢先
    お礼奉公
    放課後
    都会
    才色兼備
    実家
    奨学金
    セーラー服姿
    田舎暮らし
    何処か陰
    図書館
    高校
    彼女
    バイト生活
    大学
    第一次世界大戦

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち