僕の呪いの装備がこんなに可愛いわけがない。 ~装備枠が9999あるおかげでSSSランクの呪いの装備がつけ放題~ (外部サイトで読む

坂木持丸/キーチ

 ――装備によって人生が決まる世界。

 そんな世界に“呪いの装備”というものが存在していた。
 触れただけで強制装備され、一生外すことができない武具のことだ。普通の人には1枠しかない装備枠を食い潰すうえに、装備したときの代償が大きすぎることもあり、呪いの装備は忌み嫌われていた。
 そんな世界で暮らしている少年・ノロアは、装備枠が9999ある代わりに呪いの装備しかつけられず、周囲から疎まれ、蔑まれていた。
 しかし、呪いの装備は代償がある代わりに強力なものばかり。9999個の呪いの装備をつけられるノロアは、どんどん強くなっていく。その力はすぐに勇者や魔王をも超え、あっと言う間に世界最強に……。

「聖剣って攻撃力500なの? 僕の武器は6万あるんだけど……」
「龍閃滅覇掌だっけ? すごいね、その技! 僕に10もダメージ入れたし……他にも、その……うん、肩こりがよくなった気がする! 血行がよくなってる感じあったよ!」
「……聖剣、可愛い。結婚しよ」

 ――これは、呪いの装備を求めて旅する少年(装備フェチ)が、無自覚に世界を引っかきまわす物語。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    ノロア
    呪い
    装備
    聖剣
    装備枠
    代償
    龍閃滅覇掌
    世界
    SSSランク
    装備フェチ
    少年
    武具
    攻撃力
    ダメージ
    肩こり
    血行
    魔王
    一生外すこと
    勇者
    世界最強

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち