マネードリーム

文蔵 願

 小学校三年に進級した円(まどか)は、一人憂鬱だった。小学校のベンチで寝そべっていると、校庭で堂々と煙草をふかす不良サラリーマン・月波と出会う。
マナーもへったくれもない大人は、地球をモチーフにした『夢や希望を与えてくれる』ペンダントを円に無料でくれた。しかし、それは一度身につけたら外れなくなる、やっかいな代物だった。  
しかも、それを身につけてから、友達やクラスメイトの服に、数字が見えるようになってくる。ペンダントに秘められた特殊能力――それは、『将来の平均年収がわかる』というものだった。

「大人になったら、夢は見なくなるの? 満員電車に揺られても、好奇心や楽しみを失わ
ないで生きられる?」

そう問いかける円に、あなたはどう答えますか?

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    ペンダント
    へったくれ
    月波
    クラスメイト
    マネードリーム
    満員電車
    小学校
    不良サラリーマン
    モチーフ
    好奇心
    平均年収
    校庭
    代物
    マナー
    特殊能力
    煙草
    大人
    ベンチ
    数字

    Web Services by Yahoo! JAPAN

目次
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち