世界樹の管理人~なぜ彼は異世界でモテるのか?~(仮) (外部サイトで読む

kage3

※良い題名を思いついたら変更します。
主人公ナガレソラはいつもの会社の帰り道におっさんの必死の頼みにめんどうながらもアンケートに答えると激しい光に包まれて大草原に立っていた。
もとの世界に帰るには30年後の迎えを待つか、どこかのダンジョンにある次元を超えるアイテムを手に入れるか、神になるかどれかの方法があるとメッセージが残されていた。
仕方なく異世界旅行という名目だからなのか便利なチートアイテムとチートスキルを身に着けていた。そして使い魔たちを仲魔にし、その力を借りて異世界での生活を始める。
 ただ美人に弱く、なんとか美人の好感度を上げようと行動しているとルシアという美女に出会いこの世のだれもが逆らえない力が手に入ることを条件に次世代の世界樹の管理者になってほしいと頼まれる。
しかしそんな強大な力をもったら様々な面倒ごとに巻き込まれるからと断る。
そんなときソラは親しくなったシスター刺されて命を落としかける。
命の危機から脱したが実は自分が原因でシスターが事件に巻き込まれたことを知る。
このまま《なまけもの》な自分のままでは仲良くなった人(美人)と会えなくなるどころか不幸にしてしまうと気がつき現状を打破するためにまずはルシアの願いを聞き入れてみようと行動を開始し始めてる。
するとおっさんの思いとは関係なくさまざまな国を揺るがす事件に巻き込まれてしまう。
しかしおっさんは美人のために諦めず突き進んでいきます。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    異世界
    どれか
    ルシア
    シスター
    世界樹
    おっさん
    チート
    美人
    なまけもの
    主人公ナガレソラ
    ダンジョン
    チートスキル
    仲魔
    チートアイテム
    好感度
    異世界旅行
    使い魔たち
    アンケート
    事件
    次世代

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち

AI分析による作品総評

ツギクルくんから

2018/08/12 11:10:13

いつもWEBコンテンツポータル「ツギクル」をご利用いただき、ありがとうございます。
ファンタジーブレインで分析した結果、ファンタジーとの相性は602aiと判定されました。
ファンタジーの作品傾向にあった内容ですね。
テンポが良い作品ですね。

全体のバランスを考えて、うまく文章構造を組み立てられています。
あとは分析結果の「文章の傾向」を確認してみると良いかと思います。

楽しい仕掛けたっぷりの作品で、大満足でした。
ぜひ別のブレインでも分析してみてくださいね!
今後も引き続き魅力にあふれた作品を楽しみにしております!

基本情報
構成要素分析と相性診断
ファンタジー
  • 文章の読みやすさ

    読みやすい読みにくい

    • 一文の平均文長

      10文字

      一文が長いかな

    • 平均句読点間隔

      19文字

      句読点の間隔が長いかな

    • 改行までの文字数

      10文字

      改行までの文章が長いかな

    • 名詞の出現率

      21.45

      ちょうどいいね

    • 動詞の出現率

      10.47

      動詞がちょっと少ないかな

    • 接続詞の出現率

      0.1947

      ちょうどいいね

    • 受動態の出現率

      0.6266

      ちょうどいいね

  • 文章の傾向

    硬い軟らかい

    • ひらがな出現率

      46.30

      ちょうどいいね

    • 特殊語の出現率

      15.34

      記号などがちょっと少ないかな

    • 地の文とセリフの割合

      8:2

      セリフが多いかな

    • 空行率

      48.58

      空行が多いかな

  • 文章の構造

    複雑シンプル

    • 異なり形態素比率

      67

      標準的な表現力だね

    • 単語の重複率

      31.37

      多くの単語を使っているね