旦那がバイで男とヤラないで生きてはいけないと言われた日から (外部サイトで読む

さゆり

※このお話は半分実話、半分創作です。

自分の夫がバイなのは知っていました。
それでも別に今私を愛しているならそれで良かったのです。
でもある日突然、何も変わっていないようでいて、全ては変わってしまいました。

何気なく目についた通知画面。
旦那はゲイ用出会いアプリのヘビーユーザーでした。
数えきれないほどの一夜限りの性行為。年下のセフレ。若い男の子との援交・・・。
結婚後もそれはずっと続いていたのです。

事実を知って泣きじゃくる私に旦那は苦しそうな顔でこう言いました。
「浮気じゃないよ。気持ちは一切ない。ただ性欲を満たしてるだけ。愛してるのは嫁だけなのはずっと変わらない。でも、男とヤラないで生きていくことは僕には絶対にできない。」

全てを受け入れ、許したような顔を旦那にはしながら、
私の人生は旦那には内緒でそこから大きく変わったのです。

誰にも理解されなくていいから、ただ、救われたかった。そんな私の話です。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    ヤラ
    旦那
    バイ
    性行為
    ヘビーユーザー
    援交
    セフレ
    ゲイ用出会いアプリ
    半分実話
    一夜限り
    性欲
    通知画面
    若い男の子
    全て
    年下
    浮気
    内緒
    事実
    お話

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち