最強のハーフ吸血鬼〜弱いフリしてたけど、実力がバレたので無双します〜 (外部サイトで読む

ふぁに

ハーフ吸血鬼のテミルは、剣術、魔法、共に実力は最強である。しかし、自分がハーフ吸血鬼である事を知られたくないため、目立たないように実力を隠してEランク冒険者として平凡な暮らしを送っていた。だが、ある日少女を助けるためにオーガの変異体を倒すところをAランク冒険者ミリスに目撃されてしまう。
「ええ、単刀直入に言うわ。あんた、私とパーティを組みなさい」
「断る」
これは、テミルが正体をバレないように実力を隠そうとするけど、結果的に無双しちゃうお話。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    テミル
    ハーフ吸血鬼
    実力
    変異体
    Aランク冒険者ミリス
    無双
    バレ
    オーガ
    ハーフ吸血鬼〜弱いフリ
    Eランク冒険者
    最強
    剣術
    パーティ
    あんた
    正体
    暮らし
    魔法
    少女
    お話
    ところ

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

1件

  • user
  • 風音Second
  • 面白そう…だけど 主人公が自ら言ってたように わたしも暴力女は 嫌いです。なんで パーティを組んだのだろう?気になりますね
    あっ!
    「A級パーティを追放された超万能なサポート型魔法剣士、チートな勇者と共にS級パーティを目指す!」同じ作者さまだったのですね。
  • 2018年07月29日 01:26

1件

通報をする

読者への感謝の気持ち