虚無

みによんく

 誕生日に主人公の僕は彼女にプロポーズする。僕は高校の教師で、生徒と個人面談を行う。そこで一人の生徒に放課後授業を教えることになる。放課後授業をした後に二人でカフェに行く。カフェで話をして、家に帰る。映画館に彼女と行った時彼と出会う。そして僕は自分の高校の頃と今の自分を比較する。

目次

1

1
更新日:2018年07月19日
ツギクルくん

ここは小説ページのトップです。
どんな小説なのか、いろんな情報を見ることができます。

クルミちゃん

面白そうな小説だね!

評価と感想

作品を評価する


  • 星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

  • 感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち