魔王なんてお断り! 最強メイドは姫様の下に帰りたい (外部サイトで読む

道草家守

瘴気がはびこり、魔獣が増加し、聖女の来訪が叫ばれるアイツベル王国。
愛する姫様が心を痛めているのに、メイド、アウラは決意する。
「そうだ、魔王を暗殺しよう」
そう、彼女は戦闘脳だったのだ。
単身魔王城に乗り込んだアウラは、見事魔王シリウスに刃を突き立てたが暗殺には失敗。
しかも魔王の証が半分アウラに移り、魔王城から出られなくなってしまった。
なのに殺されかけたはずのシリウスは、喜々としてアウラに魔王を押しつけようとする。
そう、今代魔王シリウスは、引きこもり歴100年超えの趣味に生きるへたれだったのだ。
「後は任せた! やっほう積み本消化するぞー!」
「あたしは姫様の下へ帰りたいんです!」
不承不承ながら魔王城で働くことになった戦闘極振りポンコツメイドと、へたれ魔王の残念コメディ。
果たしてアウラは愛する姫様の下へ帰れるのか!?

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    アウラ
    姫様
    今代魔王シリウス
    戦闘極振りポンコツメイド
    へたれ魔王
    瘴気
    アイツベル王国
    半分アウラ
    単身魔王城
    魔獣
    聖女
    最強メイド
    残念コメディ
    来訪
    暗殺
    お断り
    戦闘脳
    あたし
    趣味

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち