金色の鬼は異世界の娘を求める。 (外部サイトで読む

ありま氷炎

時は大正二年。
川安村の静子は、水甕(みずがめ)に映る満月を見て気を失ってしまう。目が覚めるとそこは別世界で、金色の髪を持つ美しい王ライベルに、間者の疑いを掛けられ飼われることになる。徐々に心を通わせる二人に色んな思惑が絡んできてしまい……。

「係長は王妃になって、後継ぎを産まないといけないらしい。」と同じ世界観で、百年前の話になります。スピンオフというよりもまったく別の話なので、本編だけご覧になっても意味はわかります。

*静子とライベルは公式カップルです。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    静子
    みずがめ
    水甕
    後継ぎ
    金色
    間者
    異世界
    美しい王ライベル
    別世界
    川安村
    スピンオフ
    王妃
    係長
    公式カップル
    世界観
    思惑
    本編
    満月
    疑い
    大正二年

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち