一般会社員の異世界転移

一生

 超が付くほど真面目な男「秋月 一真」は、ある日の夜、いつも通りにオフィスに一人残り仕事を片付けていた。

 気付けばデジタル腕時計は二十三時を迎えており、電車のことを気にしながらも家に帰宅する準備済ませた。

 一真はすぐにオフィスの出入り口まで行くと、ドアノブを捻り扉を開けた。そこには……

 目が絡むほどの眩しい太陽の光と盛んに賑わう洋風の街並みが広がっていた――

「いやいやいやいや」

 この物語は、主人公に最強のチート能力が無ければ、SSSランクの冒険者でもない、そればかりか街の住人に言語も通じない。そんな世界で必死に奮闘し生き抜く「サバイバル冒険譚」である。

「全く別の世界なのに言語が通じる? なんだその御都合主義な世界は……」

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    一真
    オフィス
    サバイバル冒険譚
    異世界転移
    御都合主義
    言語
    ドアノブ
    出入り口
    冒険者
    デジタル腕時計
    チート能力
    SSSランク
    いやいやいやいや
    眩しい太陽
    秋月
    一般会社員
    街並み
    住人
    主人公
    一人残り仕事

    Web Services by Yahoo! JAPAN

お知らせ

「一般会社員の異世界転移」

第3話「怪しげな視線とお人好し店長」投稿しました!
お読み頂けると嬉しいです!

目次
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち

https://ncode.syosetu.com/n4687ew/