星の囁きβ ~ 醒なる美舞☆玲の愛 ~ (外部サイトで読む

いすみ 静江

◆第一部□のご紹介。

 チャリンチャンチャリンチャン

「僕こと三浦美舞(みうらみまい)は、女子高生やってます」
 ぺこりとお辞儀をして、美舞の登場であった。

「ちょっと人と違った能力を持っているよ」
 小四の時に、爆発させてしまった、アレであった。

「母親のマリアが、左手に五芒星の痣があって、いつも黒い皮手袋をしているんだ。職業は、元傭兵。雇われて戦地に行っていたんだ」
 小さい頃から聞かされていた。

「父親はね、ウルフ。医師をしていた友人が居なくなって、人を助けながら旅をしている内に、軍医になったのだって。それから、日本に帰化して診療所を開いているよ。そして、右手に逆五芒星の痣があるんだ」
 大好きな両親の話は内緒なのだが、この場では教えた。

「僕は、両手にしっかりとあるんだよ。間違いなく、親子だね」
 痣が嬉しいかった。絆を感じていた。

「この五芒星と逆五芒星には、闘いに必要な力があるみたい」
 何の為かは、分からなかった。

「でも腕試しできなかったから、学園に入学したらウズウズして、空手部に入っちゃったよ。しかも男子空手部だよ。先ずは、ここで鍛えて、大会も何連覇でもしたいな」
 力を使わなくても、そこそこ強い自負があった。

「ハイジ部兼空手部の栄誉マネージャーのひなちゃんとは、とても仲良しなんだ。二人で学園のアイドルっぽいよ」
 てへへと笑った。

「それなのに、玲君が、現れてから番狂わせだよ。僕は、これから、どうなるのかな? 嬉し、恥ずかし、初デートに行ってきました! ビシッ。ちゅーなんてしないよ」
 どぎまぎの美舞であった。

「ここから先は、読んでくださいね」
 お願い致しますのご挨拶。

「先ずは、両親の出逢いからどうぞ」

 ぺこり。

◆この作品は、「カクヨム」様にも掲載しております。
 一部、内容が異なります。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    逆五芒星
    みうらみまい
    ひなちゃん
    番狂わせ
    なる美舞
    栄誉マネージャー
    カクヨム
    チャンチャリンチャン
    学園
    軍医
    ハイジ部兼空手部
    両親
    お辞儀
    診療所
    ウルフ
    女子高生
    戦地
    黒い皮手袋

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち