Black is bad to her. (外部サイトで読む
エントリー中 大賞エントリー中

小鳥遊咲季真【タカナシ・サイマ】

指定されたものを届けるだけで、現実を大きく変えてしまう人がいると聞いた「加賀山星(あかり)」は喫茶店で珈琲を片手に読書に励んでいる自称探偵の「上野」に声を掛けた。翌日、上野は星の通う学校に教育実習生として潜入し、調査を開始した。相談内容は教室内であまり気分が良いとは言えない噂を友人が流されているということ。既に教室内に潜り込んでいた仲間と共に情報を集め、依頼の情報が嘘ではないことを認めた上野は依頼者と本人を呼び出し、彼女らを目の前に意思を確認する。現在の変遷を望んだ彼女らの現実を変えるべく、上野は動き出す。しかし、そこには裏の組織との関わりがあった。また、星も裏に事情を抱えていた。

現実を変えたいと願う現世の人々。
過去からなる真実を求め続ける白の人々。
未来のために理想と現実を裏返す黒の人々。

人々の世界は多様で多角的であるがゆえに不明瞭だ。


※この物語は犯罪・非行を助長推奨するものではありません。
※この物語はフィクションであり、実在の人物・地域・団体とは一切関係ありません。
目次 編集

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    Black is bad to her
    上野
    人々
    現実
    フィクション
    加賀山星
    依頼者
    教育実習生
    非行
    物語
    自称探偵
    彼女ら
    教室内
    助長
    現世
    あかり
    変遷
    関わり
    喫茶店
    実在

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち