影は光 愛洲移香斎明国刀法伝授記 (外部サイトで読む

名月明

 天文二十年(一五五一)、日本の伊勢大神宮に参拝するため、明国から張顕和という文官が来日した。参拝の目的は、六十数年前に明国に渡って日本の刀術を皇帝の御林軍に伝えた、愛洲移香斎と日本への御礼であった。張顕和は伊勢国大湊で移香斎の息子の小七郎と出会い、「私の父である張明升は、あなたの父の弟子でした」と、六十数年前の愛洲移香斎――太郎左衛門の物語を語り出す。
 これは、日本剣術の剣祖というべき愛洲移香斎が波涛を越えて明国に渡り、二人の若き武人に剣の極意を伝え、明王朝に渦巻く陰謀と対峙する影流創始の物語である。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    愛洲移香斎
    愛洲移香斎明国刀法伝授記
    小七郎
    太郎左衛門
    張顕和
    伊勢国大湊
    波涛
    御林軍
    伊勢大神宮
    文官
    武人
    六十数年前
    影流創始
    張明升
    日本剣術
    極意
    陰謀
    明王朝
    皇帝
    剣祖

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち