現代で忍者やってた俺が、召喚された異世界では最低クラスの無職だった (外部サイトで読む

空地 大乃

霧隠 忍は一見すると普通の高校生である。しかしそれは世を忍ぶ仮の姿であり、実は現代を生きるシノビ、霧隠一族で最も期待されている忍者の末裔なのであった。

そんな忍がある日突然異世界へのクラス召喚に巻き込まれた。皇女から与えられた恩恵で勇者やら聖女やら魔導師やら様々なクラスが与えられる生徒達。

だが現代で天才忍者と持て囃された彼のクラスは、え? 無職? 俺忍者なのに? 

おかげクラスメートからは馬鹿にされ、妙な男から逆恨みされ、腹黒皇女に蔑まれ、皇帝からも見放され、しかしシノブはへこたれず、現代で培った忍者の経験と知識や忍術を駆使し、密かに帝国とそしてこの世界の秘密を掴んでゆく――

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    霧隠
    異世界
    忍者
    現代
    シノビ
    無職
    霧隠一族
    シノブ
    おかげクラスメート
    忍術
    聖女
    天才忍者
    クラス召喚
    魔導師
    腹黒皇女
    末裔
    皇帝
    最低クラス
    勇者
    恩恵

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち