ゼロスキルの料理番 (外部サイトで読む

延野 正行

誰もがスキルを使える世界で、主人公にはスキルがなかった。

スキルのある人間との摩擦を恐れ、主人公は幼い頃から山で暮らし始める。そこは魔獣の巣窟だった。

そんな山の中で、主人公は10年以上生き抜き、ゼロスキルならではの料理を研究する。それは誰も考えつかなかった異色の料理だった。

嗅いだことのない香ばしい匂い、口にしたことのない深い味わい。
たまたま口にした神獣、聖騎士、あるいは王国の姫たちを虜にし、ゼロスキルの料理人は認められていく。

それでも飽くなき探求は終わらない。
「ゼロスキルの俺が、ドラゴンを食ったら面白いだろう」
主人公を認めてくれた仲間とともに、未知の食材と調理方法を求め続ける。

すべては「うまい」という一言のために。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    主人公
    ゼロスキル
    料理番
    香ばしい匂い
    魔獣
    神獣
    料理人
    巣窟
    ドラゴン
    聖騎士
    深い味わい
    異色
    摩擦
    ゼロスキルならでは
    探求
    未知
    調理方法
    王国
    幼い頃
    食材

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

1件

  • user
  • 風音Second
  • 読まないと損だと思いました
  • 2018年06月27日 11:36

1件

通報をする

読者への感謝の気持ち