博士の絶品モンスター飯 ~ツンツンヒロインがデレるまで~ (外部サイトで読む

うみ

フォーク博士は料理の腕だけが超一流だ。彼にかかればどんなモンスターといえども美味な食材となる。
しかし、彼の興味を引くのは研究で、やってることといえば……ねずみの毛を数えたりと酷い内容なんだよ。正直言って、彼に研究の才能はまるでない。
そんな彼は何を勘違いしたのか自身の研究の才能と戦いの能力に絶対的な自信を持っているのだ!

いろいろ問題があり過ぎなフォーク博士の料理に魅了された元ベテラン冒険者の俺とハーフエルフのドエスヒロイン、獣人の幼い感じの女の子。
はたして、ツンツンヒロインがデレる日が来るのだろうか?
俺の頭が彼女のアイアンクローで潰される前に頼む。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    ドエスヒロイン
    フォーク博士
    アイアンクロー
    研究
    元ベテラン冒険者
    ハーフエルフ
    才能
    絶品モンスター飯
    獣人
    超一流
    ねずみ
    料理
    酷い内容
    幼い感じ
    いろいろ問題
    食材
    戦い
    女の子
    能力

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち