異世界で目覚めたら猫耳としっぽが生えてたんですけど (外部サイトで読む

金時るるの

目覚めたら猫娘になっていました。

異世界で行き倒れになりかけたユキを助けてくれたのは、食堂『銀のうさぎ亭』の人々。
おまけに目覚めたら猫耳としっぽの生えた亜人になっていた。
途方に暮れるユキだったが、食堂でのウェイトレスの仕事を与えられ、なんとか異世界での生活の糧を得ることに成功する。
けれど、そんな人々を片っ端から援助しているマスターのせいで、食堂の経営は芳しくない様子。
ここは助けてくれた恩になんとか報いなければ。
と、時には現代日本で得た知識を活用しつつもユキが奔走したりする話。
(前半はほぼ日常パートメインとなっております)

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    異世界
    ユキ
    猫耳
    ウェイトレス
    しっぽ
    行き倒れ
    食堂
    亜人
    猫娘
    人々
    日常パートメイン
    うさぎ亭
    途方
    マスター
    おまけ
    現代日本
    経営
    前半
    知識

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち