その恋は、冬の吐息のような、一瞬の温もりだった。 (外部サイトで読む

中條利昭

「人生をやり直させてやるよ」

大学での恋を引きずったまま社会人になった里中は、ある日、影のような黒い男に出会う。推理漫画の犯人を思わせる風貌の怪しい男だ。
彼には人生を途中からやり直させる力があるらしい。里中はその力を使い、大学生最後の日から人生をやり直す。

あの人に想いは伝えられるのか。
あの恋はやり直せるのか。

これは、そんな「もしも」を叶えた、甘酸っぱい青春ラブストーリー……。


× × × × ×

本作制作にあたり、テーマ曲や各シーンに合わせた曲を制作しました。各話のあとがきにURLを貼り付けているので、もしよろしければお聴きください。
読むペースは人によって異なるので、BGMとして聴くとうまく話と噛み合わなくなる可能性があります。故に、まずは小説だけを読んでいただくことを推奨します。その後、音楽を聴いて「この部分はあのシーンのものかな」と想像していただければ、作者がたいへん喜びます。

テーマ曲
「その恋は、冬の吐息のような、一瞬の温もりだった。」
https://soundcloud.com/zmwyvdipjyda/01a

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    里中
    温もり
    吐息
    甘酸っぱい青春ラブストーリー
    あとがき
    各話
    人生
    一瞬
    推理漫画
    風貌
    本作制作
    テーマ曲
    社会人
    怪しい男
    大学生最後
    犯人
    各シーン
    ペース
    作者

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち