ルコアル精霊譚 (外部サイトで読む

鏡読み

霊素と呼ばれる存在がありとあらゆるところに存在する世界。
それらは現象に集まり、現象が終わると散って行く、普段は人の目には見えない存在。

ある偉大な研究者が、その逆の可能性に気がついた。
霊素を意図的に集めることにより何もないところに現象を起こせるのではないかと。
彼は生涯をかけてその方法を模索し、道具と体内に宿る力を用いて火、氷、風、などを操る方法を生み出した。
革新的な発明に国が沸き、魔法を扱う文明へと変貌を遂げた。

彼の生み出した術は精霊術とよばれ、彼の生み出した学問は精霊学と呼ばれるようになる。
だか、皮肉にも文明の革新を起こした精霊学は戦争に利用され、彼が考案した術は不完全な殺戮兵器と化し、大地に荒廃と繁茂もたらし、ルコアル大陸はいつしか滅びへとゆっくり歩みを進めていた。

これはこの大地を旅する『私』の物語。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    ルコアル
    ルコアル大陸
    ルコアル精霊譚
    精霊学
    現象
    文明
    霊素
    大地
    殺戮兵器
    繁茂
    荒廃
    研究者
    精霊術
    革新
    変貌
    存在
    何もないところ
    発明
    学問

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち

AI分析による作品総評

ツギクルくんから

2018/06/16 15:10:04

いつもWEBコンテンツポータル「ツギクル」をご利用いただき、ありがとうございます。
ファンタジーブレインで分析した結果、ファンタジーとの相性は622aiと判定されました。
ファンタジーの要素をおさえつつも、他のジャンルの要素も含まれているようですね。
読みやすい作品だと思います。

読み手がスムーズに読み進められるよう意識して書かれていますね。
あとは分析結果の「文章の構造」をチェックしてみてはいかがでしょうか。

読んでいてどんどん話に入り込んでいける作品でした。
分析結果を是非、小説執筆の参考にしてみてください。これからもツギクルをよろしくお願いします!

基本情報
構成要素分析と相性診断
ファンタジー
  • 文章の読みやすさ

    読みやすい読みにくい

    • 一文の平均文長

      16文字

      ちょうどいいね

    • 平均句読点間隔

      17文字

      ちょうどいいね

    • 改行までの文字数

      19文字

      ちょうどいいね

    • 名詞の出現率

      20.00

      ちょうどいいね

    • 動詞の出現率

      12.00

      動詞がちょっと多いかな

    • 接続詞の出現率

      0.0000

      ちょうどいいね

    • 受動態の出現率

      0.0000

      ちょうどいいね

  • 文章の傾向

    硬い軟らかい

    • ひらがな出現率

      52.00

      ひらがなが多いかな

    • 特殊語の出現率

      13.00

      記号などが少ないかな

    • 地の文とセリフの割合

      7:3

      セリフがちょっと多いかな

    • 空行率

      35.00

      ちょうどいいね

  • 文章の構造

    複雑シンプル

    • 異なり形態素比率

      69

      標準的な表現力だね

    • 単語の重複率

      30.00

      標準的だね