冬ノ京ニ妖ノ踊ル 巻之一~高き杉の血統~ (外部サイトで読む

みなつきゆきひと

この物語は、一人の少年と、その少年がやがて出会うであろう七人の退魔師達の物語である。
20世紀末、それまで妖怪や幽霊等と言う存在は夢や幻と思われていたが、その時を境に人々はその存在を認めざるを得なくなっていた。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    冬ノ京ニ妖ノ踊
    それまで妖怪
    巻之一
    少年
    退魔師達
    血統
    存在
    幽霊
    人々
    物語
    20世紀末
    一人
    七人

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち