フルンディル王国戦記 (外部サイトで読む

島津恭介

 フルンディル王国。それは、この大陸の南半分を占める大国である。
 その北方を支配する大貴族ウィンニール公の息子イーヴァルと、王国の王女アシュリンは結婚の約束をした仲である。
 王国の未来のために祝福された婚約であったが、その二人の前に大きな障害が立ちはだかっていた。

 大陸の北の果てから押し寄せる熊のように巨大な獣人。
 王女の命を狙う暗殺者。
 若い二人の前に、過酷な運命が降りかかる──。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    フルンディル王国
    フルンディル王国戦記
    王女アシュリン
    息子イーヴァル
    南半分
    大貴族ウィンニール公
    大陸
    暗殺者
    獣人
    北方
    大国
    果て
    若い二人
    運命
    障害
    約束
    未来
    結婚

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち