花を咲かせる魔法使いは取り敢えず楽をしたい (外部サイトで読む

二修羅和尚

花富士薫(はなふじかおる)は今年大学生になったばかりの青年である。見た目もそれなりによく、最低限の家事や料理もこなし、運動、勉強もそれなりにできる。そんな自他ともに認める高水準な人間である彼には一つ、大きな夢があった。
「ヒモになって好きな事して楽に生きたい」

そんな彼が御送りする異世界での新生活。相変わらずの夢を目標に、今日も彼は花を咲かせることでしょう。


主人公が最初の森から出るまで少しかかります。具体的にいうと出るのは12話くらいです

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    ふじか
    魔法使い
    御送りする異世界
    富士薫
    最低限
    ヒモ
    大学生
    主人公
    高水準
    青年
    見た目
    家事
    運動
    目標
    新生活
    一つ
    料理

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち

https://ncode.syosetu.com/n8144ef/