鍵師となったおっさんは異世界生活を楽しむ (外部サイトで読む

鈴木竜一

年齢(35歳)=ボッチ歴のサラリーマン・天野拓夢。今日も仕事帰り、寂しく1人で晩餐を楽しもうとしていたが、部屋の鍵を開けて中へと入った途端、異世界へと転移してしまう。困惑する彼の手には、なぜかどんな施錠も無効化する力を持つ金色の鍵が握りしめられていた。宝箱からドロップするアイテムで人々が生活し、宝箱にかけられた鍵を開ける「鍵師」が絶対的な権力を持っているこの世界において、その鍵は紛れもなく、絶対無敵のチートアイテムであった。おまけに、この鍵で開けられるのは宝箱だけに限らず――この物語は、異世界でチートアイテムを手に入れたことをきっかけに人生をやり直そうと頑張る中年のおっさんとその仲間たちのまったりとした手探り冒険譚である。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    異世界
    鍵師
    チートアイテム
    宝箱
    おっさん
    天野拓夢
    手探り冒険譚
    ボッチ歴
    サラリーマン
    施錠
    異世界生活
    晩餐
    紛れ
    きっかけ
    金色
    中年
    権力
    無効化
    途端
    人々

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち