時代遅れの天才病弱少女のネットゲーム冒険記 ~どんな本でも読んじゃいますよ!~ (外部サイトで読む

松山京平

2048年。日本は超々少子高齢化社会へと突入していた。
今年から中学生となる女の子「御堂真琴(みどう まこと)」は本土から遥か遠くの太平洋にポツリと浮かぶ小島「雪神島」で生まれ育った。
しかし、見捨てられた限界集落の雪神島にはテレビも電話もネットも無く、また生まれつき病弱な真琴は、家から外に出ることすらままならない日常を当たり前のように過ごして育った。

真琴の家にあるのは、かつて父が趣味で買い集めた大量の古本のみ。
それらの本を、毎日毎日ただ本を読み耽るだけの真琴。
それでも真琴は飽きることなく古本を読み続けて様々な知識を得ていく。
しかしその一方で、病弱で外出さえ困難な真琴は「人生経験」と呼べるような、人としてごく当たり経験を殆ど体験してこなかったため、知識と経験が極めて不釣り合いな中学生へと成長した。


ある日、そんな真琴の境遇を知ったテレビ局が、限界集落の特集番組の為にはるばる真琴の自宅まで取材にやってきた。
だが、それが全国のお茶の間に報道されると、その内容の異様さに特集は日本中で大反響を呼ぶ。

取材中、たまたま真琴が昭和のレトロゲームを楽そうにしていた事がきっかけで、視聴していた有志のゲーマー達から最新のVRゲーム「エターナル・スフィア・オンライン2」をプレゼントされることとなり、外の世界について何も知らない真琴は、最新ゲームの創り出すVRの世界へと旅立つこととなる。

ゲームを始めた真琴が選んだ職業は、「ブックマスター」という一風変わった魔法職だった……。


──時代遅れで世間知らずな病弱少女の、ゲームを通じた冒険と出会いの物語が、今、ここから始まる。


※昔書いていた作品が見つかり、埋もれさせるのは勿体ないと思ったので載せてみました。
 途中までしか書いておらず先の話がまったく未定ですが、評判がよければ加筆・修正等(※原文そのままだと雑すぎるため)をして投稿していきたいと思います。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    真琴
    限界集落
    雪神島
    みどう
    古本
    御堂真琴
    超々少子高齢化社会
    お茶の間
    中学生
    大反響
    天才病弱少女
    ままならない日常
    取材
    エターナル・スフィア・オンライン2
    テレビ局
    ブックマスター
    まこと
    原文そのまま
    知識
    ネットゲーム冒険記

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち