シュミレーションRPGの世界に転生されたんですけど、俺だけターン制を無視して自由に行動できるので恐れられてます (外部サイトで読む

結城桜花

ゲーム会社で勤務していた深空ハルは、不慮の事故によって死に異世界転生をした。
そして目覚めた先は、シュミレーションRPGのような、戦闘中は全てがターン制で進む世界だった。
相手が行動して、今度は自分が行動する。そんなゲームならではの設定である世界でハルは、神様からチートを貰うこともなく、進む目的があるわけでもなく、ただ一人《ターン》も《マス》も無視できる存在だった。
この物語は、目的もなくただ第二の人生を異世界でのんびりと謳歌しながら、シュミレーションRPGののような世界で恐れられていくお話。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    シュミレーションRPG
    異世界
    ターン制
    異世界転生
    ただ一人
    チート
    不慮
    ゲームならでは
    目的
    深空ハル
    マス
    ゲーム会社
    神様
    戦闘中
    物語
    事故
    お話
    相手
    全て
    人生

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち