終末のヴァルキュリア リメイク版 (外部サイトで読む

立花さとし

池田祐月(ゆづき)は三十五歳のある日死んだ。何もない虚しい人生だった。死後の世界で銀髪の美少女メリッサと出会う。そこで、彼女は残酷な提案をする。
異世界で第二の生を得る代りに一万人から十二人だけ生き延びるという殺し合い、ラグナロクに参加しろということだ。最初は戸惑っていたけれども、与えられた特殊能力イメージした武器を創ると言う能力で勝ち進んでいく。そして、佑月はメリッサと親密になり彼女と愛し合いながらこの厳しいラグナロクを生き抜く。

年の差カップルの純愛ダークファンタジー小説--

この小説は2017年度末小説家になろうで連載していたもののリメイク版です。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    ヴァルキュリア リメイク版
    美少女メリッサ
    池田祐月
    純愛ダークファンタジー小説
    佑月
    厳しいラグナロク
    ゆづき
    何もない虚しい人生
    異世界
    銀髪
    代り
    2017年度末小説家
    終末
    差カップル
    死後
    彼女
    特殊能力
    武器
    提案
    最初

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち

終末のヴァルキュリアのリメイク版です。今度こそラストまで書きます。応援よろしくお願いします!