留守番電話

しろいるか

「困ったことがあるなら、いつでも電話するんだよ。仕事中でも夜中でも構わない」
そう言い残して、パパは自分の夢のために、私とママを置いて出ていった。

だから、私は夢のある人が嫌いになった。

心に痛くて、染みて、親の離婚をテーマにした中編恋愛小説。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    中編恋愛小説
    留守番電話
    離婚
    夜中
    パパ
    ママ
    仕事中
    テーマ
    自分

    Web Services by Yahoo! JAPAN

目次
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち