中一の春に着せられた屈辱的な濡れ衣を、高一の冬に心から感謝するとは考えてもいなかった (外部サイトで読む

ナギノセン

 白石雅久は、中学一年の春に小学生の女の子を助けて誘拐と間違われ、補導をされた。
 取り調べを行った警察官はとても傲慢で高圧的だった。
 怒りが抑えられなかった雅久は、無謀にも飛びかかったが、女の子の祖父に組み伏せられる。
 その後、女の子の祖父に勧められて始めた空手で雅久は頭角を現し、天狗になってしまう。
 しかし大切な試合を欠場して急激に自信を失った彼は、趣味だった絵画へ逃避のために打ち込み、出展した展覧会で受賞した絵が市民病院で飾られることになった。
 空手も絵も中途半端な気持ちのまま、中学生活を終えて迎えた高校一年の夏のある日、彼は幼なじみと劇的な再会を遂げる。
 男だった遠山瑞樹が、目の覚める美少女になっていた。
 不思議な幼なじみとの再会は、彼の止まっていた時間を急激に動かし始めた。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    雅久
    幼なじみ
    白石雅久
    遠山瑞樹
    空手
    祖父
    女の子
    取り調べ
    濡れ衣
    再会
    高一
    補導
    中学
    中一
    頭角
    警察官
    展覧会
    美少女
    誘拐
    天狗

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち