俺と黒猫とガーディアンの異世界捜索隊 (外部サイトで読む

s_stein

消えた妹カエデを追いかけて異世界に迷い込んだ祭城(さいじょう)ハルトは、別の異世界からクリザンテーモ・セレーナ姫様を捜しにやってきた双子の姉妹オルテンシアとカメリア、そして黒猫シュヴァルツと遭遇する。

異世界転移者同士が協力し合いながら捜索を開始するが、実はお姫様が魔の手から逃れるため、カエデに化けて祭城家の養子になったことを彼らは知らない。

お姫様を亡き者にしようと企む悪者が、捜索を肩代わりするのでダンジョンに潜るようハルトたちに申し出る。それは、特別な魔石を探させて私腹を肥やすためだった。

そして、ついに見つかったカエデ(お姫様)は、その特別な魔石の力を得て、ハルトたちも悪者さえも知らなかった正体を現したのだった。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    クリザンテーモ
    祭城
    異世界
    ハルト
    クリザンテーモ・セレーナ姫様
    お姫様
    カエデ
    さいじょう
    魔石
    姉妹オルテンシア
    ハルトたち
    黒猫シュヴァルツ
    異世界捜索隊
    悪者
    ガーディアン
    亡き者
    カメリア
    祭城家
    異世界転移者同士
    魔の手

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち

AI分析による作品総評

ツギクルくんから

2018/05/02 17:10:05

いつもWEBコンテンツポータル「ツギクル」をご利用いただき、ありがとうございます。
ファンタジーブレインで分析した結果、ファンタジーとの相性は581aiと判定されました。
ファンタジーだけでなく、様々なジャンルの要素が散りばめられているようですね。
読みやすい作品だと思います。

全体のバランスを考えて、うまく文章構造を組み立てられています。
あとは分析結果の「文章の傾向」を参考に調整をしてみると、より良くなると思います。

楽しい仕掛けたっぷりの作品で、大満足でした。
分析結果を是非、小説執筆の参考にしてみてください。これからもツギクルをよろしくお願いします!

基本情報
構成要素分析と相性診断
ファンタジー
  • 文章の読みやすさ

    読みやすい読みにくい

    • 一文の平均文長

      14文字

      ちょうどいいね

    • 平均句読点間隔

      10文字

      句読点の間隔が少し短いかな

    • 改行までの文字数

      21文字

      ちょうどいいね

    • 名詞の出現率

      20.00

      ちょうどいいね

    • 動詞の出現率

      10.00

      動詞がちょっと少ないかな

    • 接続詞の出現率

      0.0000

      ちょうどいいね

    • 受動態の出現率

      0.0000

      ちょうどいいね

  • 文章の傾向

    硬い軟らかい

    • ひらがな出現率

      43.00

      ひらがながちょっと少ないかな

    • 特殊語の出現率

      23.00

      記号などが多いかな

    • 地の文とセリフの割合

      7:3

      セリフがちょっと多いかな

    • 空行率

      1.00

      空行が少ないかな

  • 文章の構造

    複雑シンプル

    • 異なり形態素比率

      72

      表現力が豊かだね

    • 単語の重複率

      31.00

      多くの単語を使っているね