宝石の輝き方 (外部サイトで読む

霧島花代

「―輝いてないわね、私…」

王宮魔術師のベルティーユ・アメジスト・ファーテンは、年下の彼を愛していた。

しかし、彼の周りには、たくさんの女性たちがいた。

そして、彼女自身も、その一人に過ぎなかった。

苦しい恋により彼女は自分の価値を見失う。

これは彼女が生き方を見つめなおし、自分の価値を取り戻すまでのお話―


注:アンチハーレムものです。
主人公と彼は結ばれません。
恋愛の糖度は低めです。
また、作中、児童虐待を匂わせる表現がありますので、苦手な方はご注意ください。
一応脇役に転生者がいます。
稚拙でまとまりのない文章ですが、一人でも多くの方に読んでいただけたら、幸いです。

また、作者多忙のため、更新は不定期で遅いです。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    ベルティーユ・アメジスト・ファー
    王宮魔術師
    アンチハーレム
    彼女
    まとまり
    価値
    児童虐待
    糖度
    不定期
    作中
    脇役
    転生者
    生き方
    苦しい恋
    低め
    一人
    宝石
    主人公
    年下
    作者

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち

よろしくお願いします。