【異能探偵NEWS 】 ~広瀬大学学生探偵事務所活動記録 事件名『冷たい檻』~ (外部サイトで読む

中山おかめ

「だから、どんなに腐りきって悪臭を漂わせるクズでもゴミでもカスでも、殺すのは駄目だ」

 肌を突き刺すような寒さの夜に、一人の青年が轢き殺された。青年の名は高橋大樹。広瀬大学に通う学生だった。
 ところ変わって広瀬大学。新入生の西空は、とある人物に喧嘩中の恋人と仲直りさせてくれと無茶振りを受けていた。
 そして異能探偵事務所。そこには3件の犬の捜索依頼が届いていた。

 轢き逃げ事件、痴情のもつれ、イヌの行方不明……それらは複雑に絡み合い、事態が混迷していく中、2件目、3件目と轢殺事件が繰り返される。

 サイコメトリー、霊視、アニマルサイキック、そして未来予知。
 個性豊かな異能探偵共が繰り広げる【群像異能サスペンス】――ここに開幕。

※この作品は小説家になろうに投稿しております。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    異能探偵
    広瀬大学
    群像異能サスペンス
    サイコメトリー
    轢き逃げ事件
    轢殺事件
    異能探偵事務所
    広瀬大学学生探偵事務所活動記録
    痴情
    青年
    異能探偵共
    異能探偵NEWS
    もつれ
    高橋大樹
    アニマル
    小説家
    冷たい檻
    新入生
    霊視
    捜索依頼

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち