天野天使は暴走する (外部サイトで読む

辻野リョウ

「ぱんぱかぱーん。愛生恋次くん、きみは私のパートナーに選ばれましたー」
 そんな告白文句で始まった俺と天野天使の関係は、とてもじゃないが俺が一般常識として知っている類の恋愛関係ではなかった。確かに恋人同士であることは間違いないのだが、甘く蕩けるような日常はどこにもなく、天野が俺をパートナーにした理由である「くっつきそうなカップルをくっつける」ことに躍起になる日々。こんなことに巻き込まれる予定じゃなかったというのに、どうしてこんな面倒な女子を抱え込むことになってしまったのか俺が教えて欲しいくらいである。
 第一、天野は自分のことを天使だという。名前のことではなく、天使という存在なのだと。もはやわけが分からないが、超常現象をみせつけられた手前、頭ごなしに否定することもできず、俺はあっという間に彼女のペースに引き込まれてしまった。
 さて、どうしようね、学校生活。ということなのだが、どうやら天野には俺をパートナーにした重大な理由があるようで……。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    パートナー
    天野天使
    愛生恋次くん
    超常現象
    告白文句
    カップル
    恋人同士
    あっという間
    理由
    一般常識
    きみは私
    ぱー
    ぱん
    ペース
    恋愛関係
    手前
    学校生活
    日常
    彼女

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち